きもの人女将:野澤良奈のブログ お手入れ・お直し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お召の八掛♪

春らしく綺麗色のお召が人気です♪
DSC04446.jpg
DSC04441.jpg
お召は、私はピンクと白を母と共有していますが、なんといっても合わせやすく着やすいのがポイント!
なんてったって、あまり主張しない縞なので、帯がなんでも合ってくれるのです!
それと、縞ってそれだけで今っぽいというか、粋になれるのが素敵!

さて、久しぶりに八掛選びをご紹介します。
何度もいいますが、きもの人のおすすめする八掛選びは、
①できるだけ季節に惑わされない色合いのもの
②きものを着る時に他のコーディネートに影響がでないもの
③きものとお客様がさらにステキに見えるもの

で考えています。

左上のスモーキーなオレンジのお召の八掛を選んでいきます。

今回のお客様は、藤華タイプで、上品で綺麗なシャッキっとした素敵な方。
お顔がわかるので選びやすいです。
こちらですと・・・
DSC04448.jpg
下から2番目の1029番がよく合います。
こちらだと・・・
DSC04450.jpg
上から2番目の少し優雅さが加わった1002番。

今お求めの感じが優しく上品に・・でしたので、この方には、1029番をおすすめしました!
上品に・・というと、色数を少なくすることや、質を上げることによってお好みに近づけます。

さて、また出来上がりが楽しみですね!
単衣のご注文も増えてきました!
きものは、2ヶ月先の準備が重要です(*´▽`*)
スポンサーサイト
  1. 2013/04/05(金) 15:19:26|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い訪問着への紋

ただいまお仕立て中の訪問着。
おぼろ染めの白の訪問着なのですが、お客様のご要望で目立たない刺繍紋を入れたいとのこと。
IMGP4690.jpg
IMGP4695.jpg

縫い紋には以前もご紹介しましたが、
1)共濃・・紋の色と地色を同色系にしてかつ濃く入れる
2)共色・・紋の色を地色とほぼ同色にする
3)共薄・・紋の色と地色を同色系にしてかつ薄く入れる
 
でいれる方法があります。

ですが、白の訪問着には、同色系となると白の紋を入れる・・となってしまうので、
この訪問着の場合は、目立たない・・というご要望通り、薄いグレーか、薄い藤色をお薦めします。

着物の雰囲気と合わせる・・ということも重要です。

薄い藤色もこの御着物なら似合いそうですね!

着物の格だけでも奥がふかいですが、紋もさまざま!
またことあるごとにご紹介していきますね。

  1. 2012/04/12(木) 12:49:45|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

大島律子さん紬の八掛選び!

大島律子さんの紬の八掛選びをしました。
少しご紹介します。
過去の八掛の選び方もご参考ください。 ≪八掛選び~縞お召し編~≫ ≪八掛選び☆≫ ≪柄物の八掛選び≫
本日は、どちらも薄い色の御着物です。
IMGP2036.jpg
まずこちら。
このすっきりとした着物の良さを生かすため、着物と同色系のグレーがお薦めです。
IMGP2035.jpg
その中でも特に特にこの方は、すっきりとされたものがお好きですので、
番号1062番の絹のぼかし八掛が一番のお薦めです。
1063番にすると、そこだけ重くなりすぎてしまいます。

そして、こちらは、薄いブルー・紫・グレーなどが織り込まれている紬です。
こちらもきれいな薄い色です。
IMGP2043.jpg
なんでも合いそうなのですが、ここで張り切って、インパクトのある色を選ぶと、帯があわせにくくなりますので注意です。
関西に住む、このお客様は、シンプルながらも少しだけ華やかさを加えることによってぐっと魅力が引き立つ方。
IMGP2042.jpg
ですので、同色系ながらも少しだけ明るい1056番がお薦めです。

どちらにしてもその方の個性に合わせて八掛選びをしています。
出来上がりが楽しみですね!!
  1. 2012/03/28(水) 12:37:16|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お召しの八掛

大阪で人気だったお召し。
八掛選びも同色系にされる方が多数!!!でした!!!
IMGP0429.jpg
IMGP8864.jpg
洗練されて、ぐっとコーディネートしやすくなります。

大阪で初日にお見えになった83歳の方。
大島に白のつづれの帯に、ビーズの刺繍半衿に、キラキラの銀杏の根付と。。
まさに、旬タイプ!の着こなしでした。

踊りを60歳からはじめたそうで、とてもお若く元気でした!!

今一番、モダンでかっこよく、他の人から憧れられるのは、旬タイプ
まさに、この83歳の方のように、お召し物は、シンプルにすっきりと。
小物などで遊びをつけるのがお薦めです。
  1. 2011/11/15(火) 12:20:54|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーマルバッグのお誂え

佐波理の帯の残布でフォーマルのお誂えバッグを作ろうとしています。
残布が少ないので、利休バックは難しかったので、こんなバッグになりそうです。
IMGP8078.jpg
こうやってしっかり口が開くので便利です。
やはり小さいですけどね。
IMGP8081.jpg
持つとこんな感じです。
IMGP8070.jpg
下のビーズは、今回のお客様の佐波理の生地には合わないのでつけずに作る予定です。
IMGP8074_20110928144651.jpg

このゴールドの留め金が希少なのですが、上品に光っていてとっても素敵!
またご報告します!
  1. 2011/09/28(水) 14:58:59|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。