きもの人女将:野澤良奈のブログ 職人さんとビジネスライク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職人さんとビジネスライク

この仕事をはじめて何年か、何度かぶつかるこの問題。
技の世界とビジネスの世界は、むしろ逆の世界・・だということ。

職人さんにこうしてほしいと提案しても受け入れてもらえないことが多々あります。

この技術は口では説明できないんだ、だまってみてろ、てやんでーい!

まあこんな方はいらっしゃいませんが、
信用、信頼は実際に言葉に文章にしないと伝わりにくいことがあります。
特に、ネットショップなので・・。

私たちはその調整役でもあるかなとおもっています。


私の習っている水墨画の先生は、
技とビジネスのバランスがとてもうまいのだと思います。
だから生徒さんがどんどん増えて多いのだと思います。(それと英語が話せるのも!)
この2年、習っているのはすべて技術。
理論で全て説明してくれるところが、私には本当にありがたいのです。


アートの世界は、ほとんど
「だまって真似て、技を盗んで自分のものにする・・」ものだと思っていましたが、
そこまでいくには技術が80パーセントくらい必要で、(いやもっとかも?)
技術とは、言葉で表現できて、教えられるもの・・であると今感じています。
そこから先が感性の問題。
写真8
写真9
このNYの景色も薔薇も全部描き方があるんです。構図や、色のバランスも半分以上先生は理論で説明してくれます。

きもののCDも感性の部分は少しで技術面をいかに言葉に理論に落とし込むか。
伊藤さんも日々奮闘中です。

  1. 2012/06/07(木) 17:41:57|
  2. きもの人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予備校の友人と・・・☆ | ホーム | 竺仙の浴衣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimonobito2.blog94.fc2.com/tb.php/1071-bad78b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。