きもの人女将:野澤良奈のブログ いいともでの値段結果発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いいともでの値段結果発表

こんなコメントを頂きました☆↓
・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして(*^_^*)着物しろうとのみむらともうします。今日の笑っていいともで、着物の目利き、興味深くみていたのですが、全然順位の検討が付きませんでした(^^;;結果が見れず、気になっていました。宜しければ教えてください(^O^☆♪
・・・・・・・・・・・・・・・
では、昨日の画像を含めて値段も再度お答えします!

1位・・・越後上布2000万!!
uvs120704-019.jpg
この左のモデルさんが着用しているものです。
IMGP4282.jpg
重要無形文化財に認定されたもの。
100亀甲の総柄で、亀甲の中も、十字でなく、星のような模様になっていて、これはもう織ることが難しいそうです。
無形文化財の越後上布は、無地のものも合わせて年間生産枚数が、45反ほど。

2位・・・本場結城紬200万!
uvs120704-001.jpg
uvs120704-005.jpg

重要無形文化財に認定されたもの。
こちらは100亀甲の飛び柄のもので、糸から全ての作業が、それぞれ熟練された職人が時間をかけています。

本場結城紬は年間100反ほど作られており、無地のもので100万円前後、100亀甲になるとぐっと数は減ります。実は160亀甲というさらに細かいものもありますが、現在はほとんど作られていません。

3位・・・80万 本藍染め紬
uvs120704-004.jpg
化学染料でなく、2年以上かけて作られた100%天然成分による藍の染料を使って染められた御着物でした。
藍染めは、繰り返し染めと乾かすという作業が必要なため非常に手間がかかり、また綺麗な色を出すのに高度な技術が必要なため、通常の染物より高額になっています。

4位・・・60万 草木染め絞り紬
uvs120704-002.jpg
着物通には人気の草木染めの紬でした。
染料の材料は限られた季節でしか取れないもので、深い色合いが特徴です。
手による絞りが施されていますが、色も柄もシンプルなのでお値段は控えめになっています。

5位・・・1万円 真綿紬
uvs120704-003.jpg

柄が粋でかっこいい御着物です。
こちらは手織りではなく機械織りのもの。
正確でむらのない表面になっています。
モデルさんにあわせた、このかっこいいこの帯も人気でした☆


さて、以上になります!!!
今回のこだわりは、モデルさんにあわせてCDを組んだことです。
IMGP4280.jpg
IMGP4279_20120704181501.jpg
ですのでモデルさんのお顔が離れて見えないよう、ぐっと個性に落とし込んであります。
若いモデルさん、またいいともの収録場所の派手さ、またこの空間を計算しています。

伊藤さんも中居君やタモリさんに随分つっこまれてましたね!
2000万の着物!というときの反応がすごかった!!
uvs120704-009.jpg
uvs120704-010_20120704181708.jpg
uvs120704-012.jpg
uvs120704-014.jpg
uvs120704-018.jpg
たくさんの方よりメールと電話をいただきまして、本当に有難うございました。

終わってすぐ弟からも、あの状況でよくやった!というよくわからないけどよくわかっているようなメールもきました・・
二人で爆笑!

思ったよりも狭い会場で沢山の人が一生懸命番組を作り上げていましたよ。
貴重な体験をさせていただきました。
ご覧頂いた方、有難うございました!!!
IMGP6342.jpg
  1. 2012/07/04(水) 18:04:06|
  2. きもの人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いいともの反響 | ホーム | 上海より♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimonobito2.blog94.fc2.com/tb.php/1098-314530d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。