きもの人女将:野澤良奈のブログ 9/4放送 笑っていいとも!お着物解説!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9/4放送 笑っていいとも!お着物解説!

笑っていいとも!をご覧頂きまして有難うございます!
IMGP0421_20120905154938.jpg
今回は、晩夏のきものということで、夏物や単衣が混ざって登場していました。
詳しく見たい!というご要望がございましたので、解説させていただきますね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回の目利きポイント
(1) 糸の品質
上質な糸は、糸作りの手間がかかるので高額になる

(2) 柄作り・染色の手間と困難さ
複雑な染めや織りは見応えがある柄になるが、高額になる
(3) 生産量
量産できるものは安価・少量しかつくれないものは高価になる

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




第5位 ピンクのうさぎ小紋  5万円! 
IMGP0402.jpg
IMGP0403_20120905155244.jpg
IMGP0404.jpg
生地は、絹より早く手軽に量産できるポリエステル。
うさぎ柄は、可愛さを楽しむと共に、秋の柄でもあるので、季節を楽しむ着方としても活用できます。
自宅で洗えるポリエステル糸使用しているため少しの汚れなどでも簡単にお手入れが出来ます。

手間と技のいずれも高くない分だけ、購入しやすい価格で手ごろです。

第4位 黄八丈 10万円 
IMGP0405_20120905161904.jpg
IMGP0407.jpg
IMGP0408.jpg
黄八丈と言えば、高級品!というイメージがありますよね。
そこが今回の見極めポイントでもあったんですが、(結局見破られてしまいましたが・・!!)

本来の黄八丈とは・・八丈島の八丈刈安(コブナグサ)で染めた明るい黄色の色彩が特徴であり、現在は伝統的工芸品として国の指定を受けています。

こちらは、黄八丈の技法や色柄を再現したもので機械織り。
糸の品質が上質ではなく、簡易な草木染めで機械で量産されるために安価になります。

第三位 手描き秋柄訪問着 60万
IMGP0396.jpg
IMGP0398.jpg
IMGP0400_20120905170010.jpg
上質のしなやかな絽の絹に、絵になるように、なでしこなど秋の草花を手描きで描いた訪問着です。
染め加工と銀加工などの手間がかかっていて、格の高い席で着ることが出来ます。上質な絹糸を使っているため、美しい風合いです。

糸の品質の高さ、染め加工の技の高さと手間がかかっていることが価格の要因となっています。生地のしなやかさやなでしこや雪輪など柄の繊細さに上質さが現れます。

第2位 柿渋松煙染め(かきしぶしょうえんぞめ)の紬 80万円 
IMGP0392.jpg
IMGP0393.jpg
IMGP0394.jpg
特別に少量生産した細い絹糸を使用し、まず、数ケ月糸を柿渋で染めて天火(屋外の日の光)で乾かした後、松からとった墨で手染め(松煙め)しています。
その糸の濃淡を織り分けて、縦の縞と横の段の柄を織った紬(つむぎ)です。

厳選した上質な少量の糸作りの手間がかかります。厳選した染料は、染まりにくい染料でもあり、求める色を出すため、人がつきっきりで何回も染める時間と労力がかかります。

量産できないものなので高額になります。

1位 八重山上布(やえやま上布) 500万円 

IMGP0411.jpg
IMGP0412.jpg
IMGP0413_20120905170448.jpg
沖縄の南端、八重山諸島に伝わる織物、八重山上布(やえやまじょうふ)です。
麻糸である苧麻 ( ちょま ) の糸を使って
草木染めて手織りしています。
琉球王朝時代の絵柄(えがら)の復元柄です。
たて糸もよこ糸も手で取ることが大変な手うみの麻糸を使用し、伝統の括り染めの技法による多彩な色使いの手織りです。
大変な手間と時間がかかっていることが高額な要因になります。
後世に残し、伝えられる貴重な作品の復元柄です。一般的な色柄とは異なった、複雑な多くの色使い・柄使いで出来た紬です。

八重山上布の第一人者である高い技を持った沖縄県指定無形文化財技能保持者が織っています。



以上になります。
4回ださせていただいて、出演者のみなさんの目がどんどん肥えていって面白かったですね!
今度はもっとツウな、久留米絣のみの目利きとか、帯編!とかもやりたいですね!!

ご覧頂きまして、有難うございました!
  1. 2012/09/05(水) 16:00:58|
  2. きもの人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最高級作務衣♪ | ホーム | 男の小物>>

コメント

はじめまして

はじめまして。

黄八丈について質問なのですが、私は八丈島出身で、いいともの放送を見て機械織りと解説されているのを見て疑問を抱いていました。
そこでネットであれこれ検索していたところ、こちらのブログを見つけて解説を読ませて頂きました。

そこで質問なのですが、今回のいいともで紹介されたものは「黄八丈を表現したもの」であって、黄八丈とは別物ということでしょうか?

よく分からず家族みんなでモヤモヤしています…。

よろしくお願い致します。
  1. 2012/09/14(金) 19:40:17 |
  2. URL |
  3. じゅん #-
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

お返事遅くなりまして申し訳ございません。
いいともをご覧いただきのお問い合わせありがとうございます。

今回の黄八は、本場黄八丈と違い、米沢や十日町で作られたものでした。
八丈島で生産される「本場黄八丈」でしたら、もっと高価なものになります。

どうそよろしくお願いします。
  1. 2012/10/25(木) 17:55:34 |
  2. URL |
  3. rana #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimonobito2.blog94.fc2.com/tb.php/1151-2e711b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。