きもの人女将:野澤良奈のブログ 振袖の思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振袖の思い出

今日は、お客様の振袖が出来上がってきました。
IMGP9726.jpg
IMGP9727.jpg

昭和15年に京都に創業した老舗の染屋さんが手がけた振袖で、古典の素晴らしい振袖です。
このお客様は、お嬢様のH様と2回ご来店され、この振袖に決めました。

20歳、それこそ私は、もうすぐ20歳から10年たちますが、
世の中に大人として認められる大事な時で、いまでも成人式の日はとても大事な思い出の日です。

当時反抗期真っ只中だった私は、親と離れて暮らしていました。
でも寡黙で優しい父に高校生のころからずっと言われていたことは、
『20歳過ぎたら何も言わないからな、それまでは親には育てる義務があるんだ。
だから言われたことは守りなさい。』

何も言われなくなることへの嬉しさとプレッシャーとを、両方大事にかみ締めた日です。
口が裂けても親にありがとうも言えない、今思えばなんて親不孝な時期ですが、
心の中ではちゃんと感謝しているものです。

きもののことは何も分からない20歳の私が選んだのは、総絞りの振袖。
・人と違うのがいい
・大正ロマンのようなアンティークっぽいのがいい

ということだけ。
だから、今思えば、親の助言はとっても重要です。
母の薦めがあって、
・絞りっていうのはなんだか高価であまりいないらしい
と納得して選んだのがこのきものです。
とってもお気に入りで、迷いなく、大学の卒業式も着ました。
1.jpg
きもの人の新年会でも着ました。
20090125224129s.jpg
他にも結婚式にも着ていきました!

四姉妹の長女のH様は、とっても肌が白くてかわいくて、おまけに才女です。
自分以外の妹たちのことを考えて、振袖の柄を選んだりしていた優しい方でした。
少し先ですが、素敵な成人式になりますよう、お祈りしております。



  1. 2010/08/04(水) 17:32:23|
  2. きもの人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おはしよりの利点! | ホーム | ホテル西洋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimonobito2.blog94.fc2.com/tb.php/361-3af298a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。