きもの人女将:野澤良奈のブログ 竹すがた(洗える絹)の心地よさ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竹すがた(洗える絹)の心地よさ。

7月のお薦めで、やらせていただいている、単衣の長襦袢を好きな色に染めてお誂え。
大変ご好評頂き、有難うございます。

夏になり、汗をかくことを気にしたり、透けることを気にしなくてはならなくなります。
着物には、その上、格や、コーディネートがつきまとうのでどうしたって奥が深いです。
そこがまた面白いところなんですが。

それと一番にはでてこないものの、とても大事にしたいところ。

着心地です。

おしゃれに我慢はつきものだといいますが、足が窮屈で痛い12センチのピンヒールは、足が綺麗に見えると分かっていても履けて3時間。シンデレラ状態で、毎日は履けません。
そしてその靴を履くには気合と勇気がいるので、だんだん敬遠してお蔵入り...


無双の竹すがた(洗える絹の長襦袢)をご愛用頂いている方から単衣の長襦袢について、ご質問をいただきました。
絹は、本当に心地いいです。

ましてや洗えるので、コストパフォーマンスもとても高く、心からお薦めします。

・・・・・・
> 1、6月から9月まで着用可能とのことですが、絽の着物で、正装のときでも着用可能でしょうか。
はい。着用は可能です。

ただ、基本的に着物と長襦袢は、同じ風合いのものが好ましいです。
ですので、素材感を少し気にする必要がでてきます。

夏用の長襦袢(例えば肌ごこち)に比べると、こちらは見た感じの清涼感が少な
くなり、風を通す感じが少ないです。

でもそれよりも夏用の長襦袢より透けを気にしなくてもいいこと、肌にあたる柔
らかさ着易さは抜群ですし、絹なので吸収性発汗性があるので夏特有の汗冷えが少ないです。

格としても正装であればなおさら、半衿を変えれば問題なく着ていただけます。


> 2、半衿もついておりましたでしょうか。(つけていただいている場合、絽のような生地なのでしょうか。)
>ついていない場合、自分で絽の半襟を付ければ盛夏の正装の際に着用しても問題
>ないでしょうか。
はい、半衿もついております。
絽でも、通常のものでもお付けいたします。
洗える絹のものもありますし、ポリエステルのバイアスのものもあります。
お好きな方をお選び下さい。
・・・・・・

洗える絹の下着 竹すがた単衣白の長襦袢(お誂え) 77,700円
  1. 2011/07/22(金) 11:10:59|
  2. きもの人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GAYAさん展示会♪ | ホーム | 男性の浴衣 ③連発!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimonobito2.blog94.fc2.com/tb.php/705-dca064a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。