きもの人女将:野澤良奈のブログ お手入れ・お直し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通し裏染め上がり☆

インドのサリーで作るお着物製作!
染めた通し裏が出来上がってきました!!
IMGP8047.jpg
布の一部の鮮やかなグリーンがとても目をひくいい色なので、
この色と同じ色で染めて通し裏にすることにしました。
IMGP8043.jpg

この部分は、サリーで大事なバルーという部分なんですって。
おきものでは、この色の部分を上前と片袖に出す予定です。

きゃー。できあがりが楽しみだっ。
  1. 2011/09/26(月) 16:53:47|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八掛選び~縞お召し編~

おひさしぶりの八掛選びのご紹介です。
今回は、人気の縞お召しです。
IMGP7525.jpg
あ、ローラリーが入り込んでいますが...。

今回は、黒と白のコントラストが強い粋なお召しですが、圧倒的に黒の割合が多いお着物です。
八掛を合わせるなら、きものと同じグレーから黒、または、きものと全く違う色がいいと思います。
IMGP7294.jpg
画像の1072番は黒っぽくみえますが墨黒です。
IMGP7289.jpg

画像の1063番が一番濃いグレーを合わせています。

きものと全く違う色にすると、選ぶのが楽しいのですが、
IMGP7288.jpg
長襦袢や帯選びに影響しますので、
スマートなのは、グレーから黒系の同じ色です。

グレーにしても、黒と白にプラス、グレーが追加されるため、
この黒白の粋な雰囲気が少し『あいまい』になります。
グレー・白より、黒が一番スッキリするので、黒が一番お薦めで、
黒も無地よりぼかしをおすすめします。

今回の八掛で、一番のお薦めは、『黒のぼかし』です。
合わせるとこんな風になりました!!
IMGP7524.jpg

今回は、どこまでもカッコイイ!を追求してます。
いかがでしょう?
  1. 2011/09/16(金) 14:04:54|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帯の加工

インドのアンティークの布を使ってこんな帯もできます。
こちらは、インドでも大変珍しい布。この模様は、インドで『牛乳屋さん』なんだそうです。
IMGP0573.jpg
今回は名古屋帯に仕立てました。 
IMGP0580.jpg

それと、多いのが作り帯の加工です。
こちらは、切らないで加工した作り帯です。加工代10500円。
IMGP0648.jpg
IMGP0650_20110606165345.jpg

約2週間くらいで出来上がります。
  1. 2011/06/06(月) 16:55:24|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

背の高い方の裄について

普通の反物(幅1尺)は、裄が最大1尺9寸まででるのですが、そうすると最大、コートの裄も1尺9
寸までなので、中に着る着物の裄は2分下げて1尺8寸8分が良いです。

ただし絵羽の訪問着などは、裄を1尺8寸5分で想定して絵付けをしております。

たいてい訪問着は、寸法よりも柄付け優先にお仕立てをすすめますので、
今後のことを考えると、裄は1尺8寸5分にしておくのが一番理想です。

幅が短い反物もあるので、その場合でも1尺8寸5分なら裄はでますし、それにあ
わせて長襦袢・コートをお仕立てなさっておけば全く問題ありません。

ちなみに男性のキングサイズの反物(幅1尺5分)は、裄が最大2尺までだせます。
ただし、さらに背がとても高い方や、お腹のサイズによっては、同じ反物を2つ用意する必要があります。
  1. 2011/05/26(木) 10:44:27|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八掛選び☆

恒例になってきました、八掛選び。
本日は、春らしい2枚を選んでいます。

草木染め 牛首紬
縞の太さが様々で綺麗な紫とグリーンがスッキリとした印象を与えてくれるこの牛首には・・・
IMGP7927.jpg
1064番の薄い綺麗な紫がお薦めです。
IMGP7930.jpg

大島律子作 草木染め紬
IMGP7936.jpg
どんぐりで染めたグレーの紬は喪にも使えるよう、シックな八掛をご希望されています。
同色系1134番か、墨黒1135番がお薦めです。
IMGP7943.jpg

八掛は、どんなコーディネートも合うように、きものの色味と合わせて選ぶことをお薦めしております。
また、透け防止のため、きものの色味より濃い目を選んでいます。

  1. 2011/04/26(火) 17:54:31|
  2. お手入れ・お直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。